2018年2月1日木曜日

くろべえはうすの犬の整体・マッサージは。。

くろべえはうすの施術は、骨と筋肉をつなぐ「腱」や「筋膜」にアプローチする、犬にやさしい施術です。関節のまわりの腱や筋膜をケアすることで、運動機能の回復、パフォーマンスの向上、さらに怪我や故障の防止に大変効果があります。足を引きずったり背骨や足が曲がってきた老犬さんなどには特に有効です。東京・埼玉を中心に出張形式で施術を行います。また、飼い主さんでも簡単にできるケアもお教えします。

例えばこんなわんこさんに。
また、あなたのシニア犬を寝たきりにさせないサポートも行っています。知っているといないとでは大違い。最後まで健やかなシニア犬ライフを送れるよう、お手伝いさせていただきます。ぜひお試しください。
老犬介護に役立つヒントもご覧ください。

お問い合わせはこちらまで
電話: 090-3911-3451 (平日は夜8時以降)

料金:   3500円+交通費(約50分)
出張式: 東京都内および東京に近い埼玉


犬の整体・マッサージ・老犬ケアの くろべえはうす
記事一覧

老犬は温めてあげてください!:「こんにゃく灸」のススメ

寒い日が続きますね~。老犬にはつらい季節です。老犬は温度調節ができないので、若い犬とは違います。人間と同じと考えてエアコンを入れたり、カーペットをしいてあげたり、服を着せてあげたり、腹巻をしてあげてください。温めるだけで元気がでる老犬さん、たくさんいますよ!!

温めるというのは、リハビリテーションで言うところの、温熱療法です。
ちなみに、リハビリの温度療法には「寒冷療法」と「温熱療法」があります。患部を冷やす「寒冷療法は」、手術や外傷の3日以内に適用されることが多く、「温熱療法」は、慢性関節炎や損傷3~5日以降の慢性期に適用されます。
患部を温めることにより得られる効果には下記のものがあります。(※)

・コラーゲン・筋・腱の伸長
・筋肉のリラックス効果
・疼痛の緩和
・神経機能の改善
・血管の拡大
・血流の増加

そこでお勧めしたいのが、「こんにゃく灸」です。🎵🎵(私が勝手に名づけました。笑)

先日、股関節に問題のあるワンコさんの施術の際に、腱のケアとあわせ技を使いましたが、良い効果が出ましたよ。😁🙌

蒸しタオルで、と思いがちですが、これがすぐに冷えてしまい、湿った患部もかえって冷えてしまいます。

ホカロンでもよいのですが、安い上に何度でも使えます💓。

水分をペーパーで拭いて冷蔵庫に入れとけば、3か月くらいはもちますよ

使い方は以下の通り。

  ① こんにゃくは水洗いしてビニール袋にいれる。(シャカシャカしていない袋が良い)

  ② 電子レンジで気持ち良い温度に温める。1分くらい。

  ③ 熱すぎたら、手ぬぐいなどの平織の布でくるむ。(タオル地だと熱の伝導が悪い)

  ④ 低温やけどしないように、少ししたら場所をずらしながら、患部にあてる。

  ⑤ 終わったら水分を紙でふいて冷蔵庫で保存。



特に老犬で動きの悪いワンコさん、寝たきりのワンコさんには、とても効果があります。
背中、骨盤周り、肩関節、膝関節などにぜひお試しください!


※(日本大学動物病院 整形外科 神経運動器科 枝村先生の寄稿文より)



水洗いしたらビニール袋に入れてレンジでチン。
平織の手ぬぐい(半分)等に包みます。

出来上がり!

2017年12月30日土曜日

今年最後のおしごと。来年もよろしくお願いします。

今年最後のお仕事は、ラブラドールのコウタちゃん(11歳)。毎月定期的にお伺いしているワンコさんですが、今日はとても協力的でフルコースの施術をさせていただきました。

後足が悪くて散歩ができないということで初めてお伺したコウタちゃんですが、今では毎日お散歩に行けるように💛。でも後足をかばってか、最近気になるのが前足の運びです。まずは、気持ちのいい首から肩甲骨、そしてコチコチになっている上腕筋を集中的にゆるめ、体幹、骨盤、座骨回りをフルコースで。股関節はROMをかけて緩めます。

つぎに、四肢のストレッチと背骨のストレッチ。ず~っと気持ちよさそうにしてくれて、最後にはめずらしく(飼い主さんいわく)全身で伸びをしてくれました!これですっきり新年を迎えらえれるね。来年も元気でいてね~。

今年もありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

くろべえはうす
鈴木かおり



関連記事
後足が痛くてうまく歩けなくなったラブラドール(11歳)さん
馬尾症候群の予備軍ではありませんか?
股関節に問題のあるボーダーコリー13歳のケース
肉球や舌でワンコの体調や不調がわかる中医学的診断
脳梗塞で寝たきりになったパグ犬さんのケア

犬の整体・マッサージ・老犬ケアの くろべえはうす  ホーム

お問い合わせはこちら

2017年11月7日火曜日

老犬の歯周病対策にいいものを見つけた!

カレンが腎臓病をわずらってから3か月が過ぎた。それとともに、なぜか歯周病も一気に進んでしまったような気がするので、いろいろ検索していたら、下記の様様なものを発見した。
須崎動物病院さんが販売している歯周病対策セットだ。使い方は、口の中を綺麗にしてから、クマ笹エキスとやらを一滴たらし、そのあとに、乳酸菌を少しの水で溶いたものを歯周ポケットを中心にパックするのだ!

カレンには朝晩水歯磨きと不織布などで、一日2回もケアしている。子犬のころからケアしていたのに、もともと弱いのか、2歳のころから歯根があらわれ、9歳のときには、歯槽膿漏で24本も抜いてしまった。残っているのは、犬歯と前歯のみだ。それでも、下の歯が最近くさって二本抜けた。ここまできたら、いっそ抜けてほしい。上の第三切歯もぐらぐらしてきたので、一瞬でも麻酔をかけて抜けないものかと獣医にきいてみたが、腎臓病なので一気に悪くなることもあるので、無理とのこと。

パイロゲンだけでは効かなくなってきたので、なんとか、現状維持できるものはないかと探したところ、見つかったのがこれ。

現在10日くらい使用しているが、出血や膿は出なくなった。なかなか効果が出ている模様。匂いは全くしなくなるとはいかないが、味も良いのか、喜んでパックさせてくれる。

使い方は綿棒とか書いてあるが、指でやるのが一番良いみたい。


綿棒なんかより指で塗るのが一番だ


関連記事
後足が痛くてうまく歩けなくなったラブラドール(11歳)さん
馬尾症候群の予備軍ではありませんか?
股関節に問題のあるボーダーコリー13歳のケース
肉球や舌でワンコの体調や不調がわかる中医学的診断
脳梗塞で寝たきりになったパグ犬さんのケア

犬の整体・マッサージ・老犬ケアの くろべえはうす  ホーム

お問い合わせはこちら

2017年11月4日土曜日

カレンの腎臓病 その2

あっという間にカレンダーもあと2枚。。カレンの腎臓病だが、発覚した8月には、BUN91、 Cre3.4、その後9月末の検査でBUN45、 Cre2.6に下がっていた。他に手だてはないか色々考えた。そして薬の与え方を変えたり、時々手作りご飯にもしてみた。 でも1週間前に3日間ほど多飲多尿になり、涙やけも始まった。何が原因なんだろう。。そのあとCre2.8になっていた。

今度はサプリメントはストレチアKを使ってみた。コバルジンは食後1時間後に変えてみた。おかげさまで元気や食欲はある。前より元気になったようだ。サプリメントが効いているのか?! 今日は一ヶ月ぶりの検診だったがその結果は、Creが少し下がって、BUN45、Cre2.6だった。 サプリの効果をおおいに期待したのだが、、、でも少しは効いたのだろうか💦

処方食だと免疫力が高まるとは思えないので、たんぱく質を計算したうえで手作り食も時々あげている。

本人いたって元気なので、数値が下がっていることに期待したのに残念だったが、現状維持だけでもよいと思った方が良いのかなぁ。獣医によれば、この数値で、元気で食欲もある方が珍しいとのこと。最近涙やけもひどいので、これも何か関係があるのかもしれない。
お高いけど、クロベエの心臓の時もHの方でお世話になったので。


関連記事
後足が痛くてうまく歩けなくなったラブラドール(11歳)さん
馬尾症候群の予備軍ではありませんか?
股関節に問題のあるボーダーコリー13歳のケース
肉球や舌でワンコの体調や不調がわかる中医学的診断
脳梗塞で寝たきりになったパグ犬さんのケア

犬の整体・マッサージ・老犬ケアの くろべえはうす  ホーム

お問い合わせはこちら

2017年8月17日木曜日

カレンの腎臓病:「老犬だからしかたない」は大きな病気を見過ごすことに!

カレンの多飲多尿が気になるので、西洋医学で見てもらうことにした。そしたら、血液検査の結果、腎臓が悪いことが判明した。BUN91、クレアチニン3.4となかなか悪い。
夕方になるとドアを見つめてずーっと座って待ついつもの姿もなく、だら~っと寝てばかり。多飲多尿はあいかわらず。

しかし、低蛋白・低リンの腎臓サポートフード半分と、「コバルジン」を半分ほど2日間処方して再度検査したら、BUN69、クレアチニン3.0とすぐに数値は下がった。
尿中蛋白/クレアチニン比(UPC)、尿中微量アルブミン/クレアチニン比(UAC)は低いのでまあ良し。

それからは、100%処方食にし、薬も全部飲ませる。水素水H4Oもたくさん飲ませた。
処方食なんてろくなものから出来てなさそうなので、(助けられたくせに💦)夜は手作りご飯をたべさせている。おやつもタンパク質とリンの低いものに変えた。
すると、元気がでてきた。前のようにドアに向かって数時間前から座って私の帰りを待つようになった。おねしょもなくなったし、飲む水の量も減ったような気がする。動きも活発になった。

病気発見から10日後に再度数値を計る予定。ここでクレアチニンが2点代に戻っていることを切に願う。どうか神様お願いします。

しかし、エコーで発見された副腎の肥大の問題もある。褐色細胞腫の疑いもあるとのことで、苦難は続く。

くろべえは、心臓が悪かったけど、13歳の時なんて元気そのものだった様な気がするけどな~。まだ早いぞカレンちゃん。

自分ではわかっているつもりでいたのに、わかっていなかったこと。

「歳のせいか調子が悪そう」「老犬だから疲れやすいのはしかたがない」というのは大間違い。「歳のせい」なんかじゃない。「具合が悪そう」なのには、ちゃんと理由があるのだ。
すぐに病院にいって見てもらうことが何よりも大事だ。

アジリティーのフィールで


関連記事
後足が痛くてうまく歩けなくなったラブラドール(11歳)さん
馬尾症候群の予備軍ではありませんか?
股関節に問題のあるボーダーコリー13歳のケース
肉球や舌でワンコの体調や不調がわかる中医学的診断
脳梗塞で寝たきりになったパグ犬さんのケア

犬の整体・マッサージ・老犬ケアの くろべえはうす  ホーム

お問い合わせはこちら



2017年7月2日日曜日

ホメオパシーの犬用クリニックに行ってきた

最近ちょっとカレンちゃんが老け込んできた気がする。13歳だもんな。ケイタに追い回されて疲れてるのかな。はじめて涙やけなんかもでてきたし。。と思い、ホメオパシーのクリニックに行ってきました。SCIO(スキオ)という機械を使うと、周波数を合わせて体やメンタルの状態が分かるそうです。

結論、カレンは、血が濃すぎる、酸素が足りない、という診断で、それらの処方をしてもらいました。で、初めての鍼とオゾン注入を体験。

他にも精神状態をいろいろ言われたけれど、2番目に突出していたのが、Joy!。Good mother というのもあって、母は少し安心💛。

あと、アジリティーの練習の時に車で炊いている蚊取り線香が、カレンの喉を傷めているとのことでした。これは発見できて本当によかった~。ドライフードも、ラムベースの赤身だったのでこれまた合わなかったらしい。💦おやつに使っていた馬肺や、乳酸菌のサプリもNGとでた。うーむ。困ったな。まだ沢山残っている。。。

コングはゴムに鉛の成分があるのでNGとのこと。ちなみにケイタは毎日かじってるな~。💦

夕飯だけでも手作りご飯をはじめるかー!!!と決意を新たにした母でした。

カレンには長生きしてほしいからね💛。

はじめての鍼治療。まったく動じず。(笑)

そういえは少し舌の色も青っぽかった